そうだ、大学職員になろう 〜元銀行員が語る転職とかの話〜

銀行員から大学職員へ、サラッと転職した人のブログ。大学職員専用の転職ノウハウをつらつらと。

そうだ、大学職員になろう。

 

 

どうもはじめまして、いつきと申します。

 

銀行マン → 大学職員

 

僕はかつて地方銀行で銀行員として働いていましたが、

何とも仕事のストレスやノルマがキツイ…

 

そんな時、

 

「そうだ、大学職員になろう。」

 

と、何ともふわっと思い立ち、

サラッと転職。

 

 

3ヶ月程度で転職活動を終え、

現在は某私立大学の事務職員として働いている…

 

 

そんなアラサーお兄さんです。

 

(もう少しだけお兄さんでいさせてほしい。)

 

 

 

 

さて、ちまたでは

 

(っていうかネット上で特に)

 

「私大職員は高給ホワイト!勝ち組!」

 

と良く目にしますよねぇ。

 

 

僕も転職活動をする前は

 

(それってホントなんすか…?)

 

と、半信半疑な部分があったのですが、

 

 

実際に働いている僕から言わせるとですね、

 

だいたい合ってます。

(だいたいね。)

 

しかしそのあたりは所詮ネットの情報。

100%真実では無いのもまた事実だったり。

 

あと、上記のとおりスゴイ良い噂が立ちまくっているので、

大学職員の倍率もスゴイことになっているんです。

 

要は、なろう!と思っても、狭き門ということ。

 

 

そこで、

 

「大学職員になって暇もできたことだし、

後に続きたい人のためになることができればなー」

 

と、これもまたふわっと思い立ったので、

このブログを開設したのです。

 

きっとこれを読んでいるアナタも。

 

「今の仕事キツイ、好きじゃない」

 

「転職してラクな仕事に就きたい」

 

「大学職員ラクそうだけど、どうすればいいのかわかんない」

 

「実際大学職員ってなにしてるかわからない」

 

などなど、いろいろな悩みや疑問をお持ちのことでしょう。

 

真剣に考えて「本当に」嫌なら…

さっさと辞めちゃえば? と思います。

 

そして、「大学職員なりたいかも…!」と思っているなら、

 

引き続きこのブログ読んでください。

 

 

参考になるよう、頑張ります。

 

なるべくね。)